余白

| KYOTO STYLE | KUMAKURA DNA | WORKS | HISTORY |

| DEVELOPMENT | TOPICS | BOOK & MEDIA | LINK |



むかえる

「空間」の美しさが訪れる人の心を研ぎ澄ます

むかえる  日本ほど住居における「境界」のありかたが変幻自在な国はありません。御簾、襖や障子などは、 広い空間のなかに、「境界」を作るために、わが国で独特に発達した道具です。

 その時々に応じて、大きくも小さくも思いのままに空間をつくる、実に合理的な暮らしの知恵。 これは「余白」や「間」そのものに美しさを見いだし、目に見えない何かを感じとることのできる 日本人特有の感性があってこその発想でしょう。

 客人を迎え入れるとき、そこには、まず門という境界(結界)が構えられています。客はその境界を 抜けて玄関へと誘われます。その間に紡がれる空間と時間の演出。この心遣いこそが、訪れる人を厳粛な 気持ちにもし、また同時になごませもするのです。

 玄関から「家」へ歩を進めると、折節の花々が目に飛び込んでくるでしょう。ことさらに主張を しなくても凛とそこにある、その姿は人の心をとらえ、新たな空間への広がりを感じさせます。

 一歩内へ入っていくにつれ、様々に違う表情を見せる住空間。一つひとつはさり気なく、何気ない たたずまいなのに、そこに招かれた人の心に響いてゆく――これこそが日本人ならではの「むかえる」 作法ではないでしょうか。


住まう 住 ま う
むかえる むかえる
もてなす もてなす
くつろぐ くつろぐ

© 2014 KUMAKURA KOUMUTEN CO.,LTD.