余白

| KYOTO STYLE | KUMAKURA DNA | WORKS | HISTORY |

| DEVELOPMENT | TOPICS | BOOK & MEDIA | LINK |


日本大学 - Topics


 ● 2018年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成31年 3月13日(水) 〜 平成31年 3月14日(木)
 ● 2017年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成30年 3月14日(水) 〜 平成30年 3月15日(木)
 ● 2017年度 日本大学 理工学部 関西建築研修旅行
    平成30年 2月26日(月)
 ● 2016年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成29年 3月14日(火) 〜 平成29年 3月15日(水)
 ● 2015年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成28年 3月15日(火) 〜 平成28年 3月16日(水)
 ● 2014年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成27年 3月13日(金) 〜 平成27年 3月14日(土)
 ● 2013年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成26年 3月14日(金) 〜 平成26年 3月15日(土)
 ● 2012年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成25年 3月12日(火) 〜 平成25年 3月13日(水)
 ● 2011年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成24年 3月 9日(金) 〜 平成24年 3月10日(土)
 ● 2008年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会
    平成21年 3月 9日(月) 〜 平成21年 3月10日(火)


 ● 2018年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

職 の 意 識

〜 予測と現実 〜
現場監督・職人とは

平成31年 3月13日(水) 〜 平成31年 3月14日(木)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者: 准教授 三上 功生 様 助教 水野 僚子 様 学生31名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

集合写真 京都研修のロゴマーク 集合写真

京都研修のロゴマーク



平成31年 3月13日 水曜日

平成31年 3月13日

 日本大学生産工学部建築工学科の第9回京都研修2日目・3日目のお世話役をさせていただきました。
今年は、底冷えするほど寒い朝を迎えて午前10時前に豊国神社の前にて一行をお迎えいたしました。
今回学生31名と引率2名の先生方がお越しになり当社作成のネームストラップと資料を手渡し、熊倉社長の挨拶と熊倉毅一主任の挨拶により京都研修の見学会がスタートいたしました。

Jホテル新築工事(現場)

 現場担当の小西係長のご挨拶含めて現場の用途、現状、今後の工程の説明を受けていただきました。
後に、小体験として杭打ち、墨壺の使用方法、やり方の抜き板の取り付けを学生さんに行って頂きました。
立地と建物としては、耳塚近辺にあり、RC3階建のホテルになります。
また、やり方、縄張りが完了した状態になります。
現場内での小体験後、質問パネルを用いて例年のように質問タイムを設けました。
簡単な質問でも、皆にとっては初めて知る内容になる事を伝え、引っ込み思案であっても、頑張って質問して頂けました。
中々、ゆっくり現場内にいる事が出来ないので、今回も貴重な体験をしていただけたかと思われます。

東華菜館 様

 一行はバス移動して四条大橋西詰にある東華菜館様にて特別な昼食を頂きました。
例年では見学を目的に特別に見学させていただいていましたが、今回は昼食兼、少しの時間、見学させていただきました。
やはり、OTIS製のエレベーターと建物の装飾に学生さんも興味を持たれ、また食事に関しましてもとてもおいしくいただき、本場の北京料理の味を堪能致しました。

武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

 予定通りバスは到着し13:00より事務所棟大ホールにて、ようこそ日本大学生産工学部建築工学科様というタイトルと共にプロジェクターによる松岡園長の植物園の内容説明をしていただきました。
 A班、B班に分かれて薬用植物と旧田辺邸の案内と事務所棟の案内をして頂きました。
園内を武田薬品様スタッフの方に案内して頂きまして、薬となる植物、また旧田辺邸に展示してあります漢方のご説明含め、旧田辺邸のご説明もしていただきました。
 事務所棟の建築の内装仕上げに関して左官関連の説明を、さくあん 萩野氏にしていただきました。
 現物を見て触り、場を盛り上げて楽しく理解できる様な説明でした。
最後事務所棟に戻りまして、毎年協賛していただいております京都銀行 東山支店 川井支店長からのご挨拶と清水の夜間拝観のチケットを頂きました。
15:00バスは出発し、次の見学先に移動しました。

智慧夢工房 二九 様

 五重塔で知られる東寺から九条通りを西へ1キロ行った先に紅殻格子に虫籠窓のある伝統的な 京町家の見学を実施いたしました。
土間にて設計・監修されたKOGA建築設計室の古賀所長、左官職人の さくあん 萩野氏による挨拶を頂き、2班に分かれ見学いたしました。
大正期の伝統建築を一企業 が迎賓館として再生利用されて一般公開されるのは大変珍しい貴重な体験をさせていただきました。
内部を古賀所長に説明頂き、外部を萩野氏に説明して頂きまして、中盤に質問タイムを設け、質問パネルを用いて さくあん 萩野氏に回答を頂けました。
やはりこちらの現場も参加者全員、興味津々に聞き入っておられました。
夕刻になり、こちらの建物にて皆様をお見送りして2日目の見学会は無事終了いたしました。


集合挨拶 〜 Jホテル(現場)

集合挨拶 集合挨拶 集合挨拶 現場

集合 〜 挨拶

現場入口

小西係長の説明 遣り方体験 遣り方体験 遣り方体験

小西係長の説明

遣り方体験

遣り方体験 墨出体験 墨出体験 集合写真

遣り方体験

墨出体験

集合写真


東華菜館 様

外観 外観 見学 見学

外 観

昼 食

見 学


武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

松岡園長 説明 大ホール さくあん 萩野社長 説明 さくあん 萩野社長 説明

松岡園長 説明の様子

左官:さくあん 萩野社長 説明

さくあん 萩野社長 説明 さくあん 萩野社長 説明 さくあん 萩野社長 説明 余白

左官:さくあん 萩野社長 説明

展示棟 外観 展示棟見学の様子 展示棟見学の様子 展示棟見学の様子

展示棟 外観

展示棟見学の様子

薬用植物園 見学 薬用植物園 見学 余白 余白

薬用植物園 見学の様子


智慧夢工房 二九 様

外観 集合挨拶 古賀所長 説明 古賀所長 説明

外 観

集合挨拶

設計:古賀所長の説明

さくあん 萩野社長 説明 さくあん 萩野社長 説明 さくあん 萩野社長 説明 熊倉社長 説明

左官:さくあん 萩野社長 説明

熊倉社長 説明


平成31年 3月14日 木曜日

平成31年 3月 14日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学


 座学も厳しい冷え込みの中10:00より、前日の見学会のまとめ含め熊倉社長よりご挨拶頂いたのち「工務店の現場監督とは」の内容を小西係長にお話し頂きました。
 その後、京都研修 座学の開会を致しました。初めに前日の見学会でご説明頂きましたKOGA建築設計室の古賀所長のご挨拶、次に本年より協会 順睦会の協賛により代表幹事 妹尾氏による参加業者の職人さんのご紹介をしていただき、各ブースの職人さんのご挨拶・内容説明をしていただきました。
その後、集合写真を撮りまして10:30より座学がスタートしました。
 今回新しく板金業者の方々に参加して頂き、8業種と盛りだくさんな体験学習になりました。
最後には毎年恒例となる大工の棟上げの儀式と左官によるN.マークを学生と職人の共同作業を行い、エンディングを迎えました。
座学含め京都研修旅行の閉会式を行い、初めに現場監督代表 小西係長からのお言葉、順睦会幹事長変わりまして職人代表 さくあん 萩野氏に一言頂きました。
次に今日一日ご参加されました日本大学校友会京都支部 福島支部長からのご挨拶を頂き、最後に引率の三上准教授、水野助手からのお礼の挨拶を頂いた後、学生代表として一言お礼を言いたいとして3年生の五島君からお礼のお言葉を頂きまして無事座学含め、京都研修旅行が終了いたしました。
 この両2日間、監督の皆様、関連の職人の皆様、並びに協賛いただいた方々、本当にお疲れ様でした。そして無事何事もなく終了したことを感謝いたします。誠にありがとうございました。




座 学
開 会

挨拶 熊倉 毅一 挨拶 熊倉社長 現場監督の説明 小西係長 開校挨拶 座長 古賀所長

挨拶 熊倉 毅一

挨拶 熊倉社長

現場監督の説明 小西係長

開校挨拶 座長 古賀所長

順睦会 代表幹事 妹尾様(サガテクノ) 大工:渡文工務 渡辺棟梁 左官:さくあん 萩野社長 洗い:佐近美装 佐近社長

順睦会 代表幹事 サガテクノ 妹尾社長 塗装

大工:渡文工務 渡辺棟梁

左官:さくあん 萩野社長

洗い:佐近美装 佐近社長

壁装:せこぐち 辻様 畳:中西畳商 中西社長 硝子・金属建具:たくみ硝子店 高島社長 板金:ナカタ工業 中田部長

壁装:せこぐち 辻様

畳:中西畳商 中西社長

硝子・金属建具:たくみ硝子店 高島社長

板金:ナカタ工業 中田部長

大 工

大工 鉋 大工 鋸 大工 鋸 大工 ノミ

加工 鉋 体験

加工 鋸 体験

加工 ノミ 体験

大工 ノミ 大工 ノミ 大工 ノミ 大工 ノミ

材木 刻み 体験

左 官

左官 左官 左官 左官

それぞれ種類の違う土を使用し壁塗 体験

左官 左官 左官 左官

壁塗 体験

三和土(たたき) 体験

板 金

板金 板金 板金 板金

銅板を使用して折鶴作成  体験

板金 板金 板金 板金

銅板を使用して折鶴作成  体験

畳 畳 畳 畳

ミニ畳作成  体験

硝子・金属建具

硝子・金属建具 硝子・金属建具 硝子・金属建具 硝子・金属建具

金属製建具と強化硝子等の説明&硝子試し割  体験

壁 装

壁装 壁装 壁装 壁装

和紙張り 体験

塗 装

塗装 塗装 塗装 塗装

コースター作成 体験

洗 い

洗い 洗い 洗い 洗い

洗い実演説明

棟上式 〜 左官対決 〜 閉会

棟上式 棟上式 棟上式 棟上式

熊倉社長の掛け声で棟上式 体験

左官対決 左官対決 左官対決 左官対決

毎年恒例の左官N.対決

小西係長 挨拶 さくあん 萩野社長 挨拶 京都支部長 福島氏 挨拶 三上准教授 挨拶

小西係長 挨拶

さくあん 萩野社長 挨拶

京都支部長 福島氏 挨拶

日本大学 三上准教授 お礼の言葉

水野助手 挨拶 五島君 挨拶 余白 余白

水野助手 お礼の言葉

生徒代表 五島君 挨拶



株式会社 熊倉工務店
代表取締役 熊倉 淳 様
工務企画 熊倉 毅一 様

年度末の土曜日に失礼致します。
日本大学生産工学部の三上でございます。

この度は、年末の大変お忙しい時期に、私達、生産工学部建築工学科の学生・教員のために、現場・建物見学会、座学を企画・実施して頂きまして、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

現場・建物見学会は、これから本格的に建築を学ぶ学生達にとって感性を養う良い経験の場となり、また座学では職人様のお仕事を見て、そして体験する新鮮な場となったと感じております。
企画して頂いた現場・建物見学会、座学は、学生達の建築に対する視野を広げる貴重な経験・体験になったことと思います。
本当にありがとうございました。

私達教員は、それぞれ担当する専門科目を、教科書の範囲内で教えることが中心となってしまいがちで、学生達に建築を体で感じてもらうことは授業内ではなかなか出来ないのが実情です。
年度末のお忙しい時期にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんが、今後も引き続き、研修旅行にご協力頂ければ幸いに存じます。

今回の研修旅行では、様々な場での私の対応が不十分で、ご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。
猛省しております。

最後になりますが、今回の研修旅行では熊倉工務店様を始め、順睦会、職人の皆様、現場・建物見学にご対応頂いた方々、京都銀行様、JTB様などには本当によくして頂き、感謝申し上げます。
また、素敵なストラップやミニ案内を作成して頂き、細やかなお心遣いありがとうございました。

ご協力頂いた皆様の、ご繁栄とご発展をお祈り申し上げます。
季節の変わり目ですので、どうぞご自愛ください。

本当にありがとうございました。



日本大学生産工学部建築工学科
准教授 三上 功生


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

塗装 株式会社 サガテクノ 妹尾会長、妹尾社長 ・ 洗い 佐近美装 佐近社長 ・ 壁装 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様

畳 中西畳商 中西社長 ・ 硝子・金属製建具 株式会社 たくみ硝子店 高島社長 ・ 板金 株式会社 ナカタ工業 中田部長

準備設営 西村様

協賛 京都銀行 東山支店 ・ 日本大学理工学部校友会 京都支部 ・ 日本大学校友会 京都支部 ・ 株式会社 熊倉工務店 順睦会

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2017年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

職 の 意 識

〜 予測と現実 〜
現場監督・職人とは

平成30年 3月14日(水) 〜 平成30年 3月15日(木)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者: 専任講師 下村 修一 様 助教 小島 陽子 様 学生29名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真 地図

京都研修のロゴマーク

集合写真

地図



平成30年 3月14日 水曜日

平成30年 3月14日

 日本大学生産工学部建築工学科の第8回京都研修2日目・3日目のお世話役をさせていただきま
した。
今年は例年になく暖かい朝を迎えて午前10時前に大覚寺バスプールにて一行をお迎えしましま
した。
今回学生27名と引率2名の先生方がお越しになりまして当社作成のネームストラップと資料を手
渡し、熊倉社長の挨拶と熊倉毅一主任の挨拶により京都研修の見学会がスタートいたしました。

K邸新築工事(現場)

 現場担当長の石原部長と現場担当(監督)の森係長からご挨拶含め施工内容の説明を受けたのち、
2班に分かれて内部と外部の説明を行って頂きました。
立地と建物としては、大覚寺近辺の木造住宅で施工途中の現場見学となり、学生さんにとっては
貴重な体験ができたのではないかと思いました。今回からは質問タイムを設けまして、ヒントと
なる質問パネルを用意し、学生さんからの質問を重きにおいて見学するよう心掛けました。

レストラン嵐山

 一行はバス移動して渡月橋の近くにあります市営バスプールに隣接するレストラン嵐山で昨年
同様バイキング形式のプレートランチを頂き、京都の味覚を味わいました。食後に京都銀行 東山
支店 支店長代理 田渕様から各テーブルにご挨拶含め清水寺の夜間拝観のチケットをお渡しくだ
さいました。

東華菜館 様

 バス移動で約40分ほどかけて繁華街の入り口になります四条大橋に到着いたしました。四条大
橋西詰の洋館建、北京料理専門の東華菜館様を見学させていただきました。ウィリアム・メレ
ル・ヴォーリズの設計で1926年に完成し、日本最古の現存するOTIS製エレベーターが今も稼働い
たしています。3代目になる店主、于様のご挨拶、ご説明から始まりまして後に現場担当(監督)の
原田係長による改修・修繕工事の内容説明と質問パネルによる回答を頂きました。各階のご説明
は于様に願いまして建物を維持保存する事に対する想いと愛着のある気持ちなどお話しいただき、
参加者全員が感銘と共に興味津々に聞き入ってました。

智慧夢工房 二九 様

 五重塔で知られる東寺から九条通りを西へ1キロ行った先に紅殻の格子に虫籠窓のある伝統的な
京町家の見学を実施いたしました。
土間にて設計・監修されたKOGA建築設計室の古賀所長、現場担当された本政主任、左官職人の
さくあん 萩野氏による挨拶を頂き、2班に分かれ見学いたしました。大正期の伝統建築を一企業
が迎賓館として再生利用されて一般公開されるのは大変珍しい貴重な体験をさせていただきまし
た。
内部を古賀所長に説明頂き、外部を萩野氏と本政主任に説明して頂きまして、中盤に質問タイム
を設け、質問パネルを用いて古賀所長と本政主任に回答を頂けました。やはりこちらの現場も参
加者全員、興味津々に聞き入っておられました。
夕刻になり、こちらの建物にて皆様をお見送りして2日目の見学会は無事終了いたしました。


K邸新築工事 様 〜 東山レストラン

大覚寺駐車場にて挨拶 K邸 外観 毅一主任の説明 森係長の説明

大覚寺駐車場にて挨拶

外観

毅一主任の説明

森係長の説明

石原部長の説明 石原部長の説明 見学の様子 京都銀行 東山支店

石原部長の説明

見学の様子

京都銀行 田渕様よりチケットを頂く


東華菜館 様

東華菜館 外観 于社長の説明 原田係長の説明 屋上にて于社長の説明

于社長の説明

原田係長の説明

屋上にて于社長の説明

屋上にて于社長の説明 見学の様子 見学の様子

東華菜館様 外観

屋上にて于社長の説明

見学の様子


智慧夢工房 二九 様

看板 さくあん 萩野氏 古賀建築設計室 古賀所長 古賀所長の説明

看板

さくあん 萩野氏

古賀建築設計室 古賀所長

古賀所長の説明

古賀所長の説明 見学の様子 萩野氏の説明 本政主任の説明

古賀所長の説明

見学の様子

萩野氏の説明

本政主任の説明



平成30年 3月15日 木曜日

平成30年 3月 15日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学


 座学も例年になく恵まれた天候の中10:00より熊倉社長よりご挨拶頂いたのち、前日の見学会のまとめ含め「工務店の現場監督とは」の内容を河嵜主任にお話し頂きました。次にこの京都研修旅行に協賛頂いています京都銀行東山支店 支店長 今北様からご挨拶頂きました。その後、京都研修 座学の開会を致しました。初めに前日の見学会でご説明頂きましたKOGA建築設計室の古賀所長のご挨拶、次に本年より協会 順睦会の協賛により代表幹事 妹尾氏による参加業者の職人さんのご紹介をしていただきました。
少々長めの開会式で10:45より座学がスタートしました。今回新しくガラス・サッシの業者の方々に参加して頂き、盛りだくさんな体験学習になりました。最後には毎年恒例となる大工の棟上げの儀式と左官によるN.マークを学生と職人の共同作業を行い、エンディングを迎えました。座学含め京都研修旅行の閉会式を行いまして、その時にまとめとして現場監督代表 河嵜主任、職人代表 さくわん 萩野氏に一言頂きました。最後に引率の先生方からのお礼の挨拶を頂き無事座学含め、京都研修旅行が終了いたしました。
 この両2日間、監督の皆様、関連の職人の皆様、並びに協賛いただいた方々、本当にお疲れ様でした。そして無事何事もなく終了したことを感謝いたします。誠にありがとうございました。




座 学
開 会

毅一主任 挨拶 社長 挨拶 河嵜主任による現場監督の説明 座長 古賀所長 挨拶

毅一主任 挨拶

社長 挨拶

河嵜主任による現場監督の説明

座長 古賀所長 挨拶

京都銀行 東山支店長 挨拶 順睦会 妹尾代表幹事 職人紹介 様子 余白

京都銀行 東山支店長 挨拶

順睦会 妹尾代表幹事 職人紹介

様子

大 工

大工 鋸の体験 鑿の体験 鑿の体験

鋸の体験

鑿(ノミ)の体験

刻み体験 刻み体験 刻み体験 鉋の体験

刻み体験

鉋(カンナ)の体験

左 官

左官体験の様子 左官体験の様子 左官体験の様子 左官体験の様子

左官体験の様子

左官体験の様子 ニガリ 三和土の準備 三和土の体験

左官体験の様子

ニガリを味見

三和土の準備

三和土の体験

壁 装

壁装 和紙貼り体験の様子 和紙貼り体験の様子 和紙貼り体験の様子

和紙貼り体験の様子

和紙貼り体験の様子 和紙貼り体験の様子 余白 余白

和紙貼り体験の様子

洗 い

洗いの説明の様子 洗いの説明の様子 洗いの説明の様子 洗いの説明の様子

洗いの説明の様子

屋根瓦

瓦 瓦の説明の様子 瓦の説明の様子 瓦の説明の様子

瓦の説明の様子

塗 装

塗装 塗装の説明とキーホルダーの作成様子 塗装の説明とキーホルダーの作成様子 塗装の説明とキーホルダーの作成様子

塗装の説明とキーホルダー作成の様子

硝子・サッシ

サッシ 硝子・サッシ説明 硝子・サッシ説明 硝子・サッシ説明

硝子・サッシ説明

硝子強度実験 硝子強度実験 硝子切断体験の様子 硝子切断体験の様子

硝子強度実験

硝子切断体験の様子

畳 ミニ畳作成 ミニ畳作成 ミニ畳作成

ミニ畳作成

ミニ畳作成 ミニ畳作成 余白 余白

ミニ畳作成

閉 会

上棟式 上棟式 上棟式 上棟式

上棟式

左官対決 左官対決 左官対決 余白

左官対決

閉会 閉会 閉会 閉会

閉 会

閉会 旗 余白 余白

閉 会



熊倉工務店 熊倉淳様 熊倉毅一様

関係者各位
お世話になっております。
本年も京都研修旅行にご協力頂きありがとうございました
引率者を代表して御礼申し上げます

本年度は早期にご父兄宛の旅行案内をした甲斐もあり、29名で参加をさせて頂きました
本研修旅行は今回で8回目を迎え、本学の伝統行事のひとつであり、リピーターの学生がいるなど、非常に充実した研修となっております
座学におきましては、日頃見られない学生の真剣な表情、姿を見られ、個人的にはどのように学生を教育していくべきかを改めて考える機会にもなっております
また、本学より、「さくあん」さんでお世話になる学生が出ており、年々御社ならびに関係者の方々と本学の結びつきが強くなっていると感じております
熊倉様にはプログラムを構築するにあたって大変貴重なお時間を頂戴しておりますが、引き続きご協力を頂けますと幸甚に存じます

簡単ではございますが御礼の挨拶とさせて頂きます



日本大学生産工学部建築工学科
専任講師 下村 修一


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 塗装 株式会社 サガテクノ 妹尾会長、妹尾社長 ・ 洗い 佐近美装 佐近様

左官 有限会社 さくあん 萩野社長 ・ 畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 瓦 松田瓦店 松田社長

壁装 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 硝子・金属製建具 株式会社 たくみ硝子店 高島社長

準備設営 西村様

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2017年度 日本大学 理工学部 関西建築研修旅行


Concept

関 西 建 築 研 修 旅 行  京 都 古 都 の 文 化

平成30年 2月26日(月)



日本大学 理工学部 関西研修旅行

参加者: 教授・学生 計 約50名



日本大学 理工学部 関西建築研修旅行

京都研修のロゴマーク

京都研修のロゴマーク



平成30年 2月26日 月曜日

平成30年 2月26日

 日本大学理工学部 建築学科 建築史・建築論研究室の、第41回関西建築研修旅行 第2回目の
京都古都の文化4日目の見学のお世話をさせていただきました。
当日は春をおもわす温かい快晴の中、大川、重枝教授をはじめ総勢50人が 午前9時 ウエスティ
ン都ホテルに集合し見学会はスタートしました。
 タイムスケジュールは、中型バスの配車ミスにより白川通より武田薬品工業葛椏s薬用植物園
まで、全員徒歩の移動となり約1時間のズレが生じ、最終の現場見学終了が6時半となり、参加
者の皆様にご迷惑をおかけしました。 おつかれ様でした。

K邸新築工事 (現場)

 約50名の見学者は2班に分かれてもらい、石原部長、森係長で施工仕上段階の内容説明を受
ける。
普段、東京では木造建築住宅を目にした事のない学生は大いに興味を示されました。
大覚寺近辺の土地柄、参加者は近隣の散策もされていました。

孤篷庵 様

 午後1時まで重枝教授による孤篷庵の歴史とルーツの説明の後、全員孤篷庵の門をくぐりまし
た。
内部は、小堀住職による丁寧な説明により、重枝教授と学生の三位一体の課外授業の光景がみら
れて各人が写真撮影を楽しんでおられました。

武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

 予定より45分遅れのスタートとなり、大ホールで古平課長代理による説明の後、2班に分か
れて園内の建物見学を実施、特に内部仕上の左官説明を さくあん 萩野氏による体感実習が行わ
れ、その説明に参加者は耳をかたむけました。

智慧夢工房 二九 様

 午後5時15分にバスは到着し、待ち受けた古賀所長と萩野氏は2班に分かれ外部の仕上説明
  と内部では全員正座をして古賀所長の説明を聞き入る事となる。
 一企業が迎賓室的に利用し一般に公開するのは、大変珍しく貴重な建物でありました。


ウェスティン都 出発の挨拶

出発前の挨拶 余白 余白 余白

出発前の挨拶

K邸新築工事 (施工現場)

外観 社長より説明 石原部長・森係長より説明 石原部長・森係長より説明

現場外観

社長より説明

石原部長・森係長より現場説明

孤篷庵 様

外観 教授より説明 住職より説明 住職より説明

外観

教授より説明の様子

住職より説明の様子

武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

大ホール パワーポイント 萩野氏による左官の説明 旧田辺邸

大ホールにて説明を受ける

さくあん萩野氏より左官の説明を受ける

事務棟裏より展示棟


智慧夢工房 二九 様

外観 古賀所長による説明 萩野氏による内部説明 萩野氏による外部説明

外観

古賀所長による説明

萩野氏による説明



▲ TOP


 ● 2016年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

京 都 の 建 築 の 技 法 と 、 職 方 の 技 を 学 ぶ

平成29年 3月14日(火) 〜 平成29年 3月15日(水)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者: 助教授 山岸 輝樹 様 助教授 下村 修一 様 専任講師 助教授 鎌田 貴久 様 学生21名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真 地図

京都研修のロゴマーク

集合写真

地図



平成29年 3月14日 火曜日

平成29年 3月14日

 今年も研修2日目からお世話役をさせていただきました。
 早朝、肌寒い天候となりましたが天候もよく、集合場所の京都市役所前にある本能寺会館にお迎えに上がりました。
 始めに先生・学生の方々にご挨拶させていただきまして、今年は日大校友会本部よりオリジナルのネームストラップを頂き、そちらにネームプレートを入れたものと、小型化した日程表のファイルを皆様にお渡ししました。
 一行は、予定通り小型バス一台に乗車し、嵐山渡月橋に向け9:00に出発し、本能寺会館を後にしました。

星のや京都 様(現場)

 嵐山バスプールに予定より早く到着。時間調整の後、徒歩で渡月橋を渡り、星のや京都様の現場に入りました。
 星野リゾート様の要望により写真撮影はNGとさせて頂く事を一番に告げてヘルメットの着用した後、小西現場監督の説明が始まりました。
 設計及び施主の知名度の高い現場であり、今回RC造と木造の混構造の建物になります。
 各階で先生方から学生に対し、小さなことでもいいので、質問するようにしなさいと、指摘されておられました。約一時間の見学で学生の方々は貴重な体験ができたと思います。

レストラン嵐山

 星のや京都様の現場を後にした一行は、渡月橋を渡り、嵐山のバスプールに隣接する建物内にあるレストラン嵐山にて昼食です。
 昼食は、和・洋・中の色とりどりのランチを小分けしたプレートに盛り付けていくバイキング形式の食事で、参加した皆様は大満足でした。
予定通りバスは12:00に出発し、次の見学場所へと向かいました。

武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

 予定通りバスは到着し13:00より事務所棟大ホールにてプロジェクターによる松岡園長の植物園の内容説明をしていただきました。
 園内はA班、B班に分かれて薬用植物と旧田辺邸の案内をして頂きました。今回より園内のスタッフ全員が変わられたので説明のスタイルも変わり、見学専門となった事を感じました。
 事務所棟の建築の内装仕上げに関して左官関連の説明を、さくあんの萩野氏にしていただきました。現物を見て触り、場を盛り上げて楽しく理解できる様な説明でした。
15:00バスは出発し、次の見学先に移動しました。

智慧夢工房 二九 様

 渋滞の中、約1時間かけて、16:00より九条通御前通りの改修後の町家を見学させていただきました。
 先ほどの通りA班B班に分かれ、内部を古賀座長と石原部長、外部をさくあんの萩野氏に説明して頂きました。
 見学終了後、コーヒータイムで不二家のエクレアとコーヒーを頂き、一行はバスで宿泊している、本能寺会館へと向かい、2日目見学会は無事終了いたしました。


武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

集合写真 松岡園長の説明 松岡園長の説明 旧田辺邸の説明

集合写真

松岡園長の説明

園内の説明 旧田辺邸 応接室の説明

園内の説明

旧田辺邸

応接室の説明

萩野氏の説明 萩野氏の説明 萩野氏の説明

萩野氏の説明

旧田辺邸の説明


智慧夢工房 二九 様

古賀座長による概要説明 社長による概要説明 古賀所長・石原部長による内部概要説明 1階内部の説明

古賀座長による概要説明

社長による概要説明

古賀所長・石原部長による内部概要説明

1階内部の説明

1階内部の説明 2階の説明 萩野氏による外部仕上の説明 萩野氏による外部仕上の説明

1階内部の説明

2階の説明

萩野氏による外部仕上の説明



平成29年 3月15日 水曜日

平成29年 3月 15日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学


 心配された雨もやみつつ、倉庫では準備が進み、9:45より学生と教授を乗せたタクシーが続々と到着しました。
 10:00より開会式が始まり、弊社社長の挨拶から、古賀座長による木造建築の説明と座学の説明、そして、来賓の京都銀行東山支店長のお言葉をいただきました。後、各協力業者の紹介と共に展示ブースの内容の説明がありました。
 集合写真を一同で取った後、参加者は各ブースで体験学習を楽しまれました。
 11:40に昼食の案内をし、2か所に分かれてセブンイレブン関西版のおでんと味付け海苔のおにぎりを頂きました。
 午後も引き続き体験学習をしていただき、15:15より参加者に1か所に集まっていただきまして、大工の棟上げの儀式と左官によるN.のマークを職人と学生に描いていただきエンディングを向え、閉会式へと移りました。
 教授と学生に最後の締めのお言葉を頂きまして、閉会式を終えました。
 タクシーが続々と到着し、学生と教授をお見送りしまして、京都駅へと向かわれました。
 3日目座学無事終了いたしました。
 皆様のおかげで、第7回日本大学生産工学部京都研修は無事終えることができました。
 ありがとうございました。




座 学
開 会

社長 挨拶 座長 古賀所長 挨拶 京都銀行 東山支店長 挨拶 山岸助教授の挨拶

社長 挨拶

座長 古賀所長 挨拶

京都銀行 東山支店長 挨拶

山岸助教授の挨拶

瓦の説明 瓦の説明 瓦の説明 余白

瓦の説明

畳の説明 ミニ畳の作成 ミニ畳の作成 ミニ畳の作成

畳の説明

ミニ畳の作成

左 官

コテの塗作業 三和土の準備 三和土の体験 三和土の体験

コテの塗作業

三和土の準備

三和土の体験

洗 い

洗いの道具 洗いの説明 洗いの説明 余白

洗いの道具

洗いの説明

塗 装

塗装の説明とキーホルダーの作成 塗装の説明とキーホルダーの作成 塗装の説明とキーホルダーの作成 塗装の説明とキーホルダーの作成

塗装の説明とキーホルダーの作成

昼 食

昼食の様子 昼食の様子 昼食の様子 昼食の様子

昼食の風景

大 工

継手仕口 説明の様子 体験学習 ノミの体験

継手仕口

説明の様子

体験学習

ノミの体験

継手・仕口の作成 継手・仕口の作成 継手・仕口の作成 継手・仕口の作成

継手・仕口の作成

壁 装

襖紙張体験 襖紙張体験 襖紙張体験 余白

襖紙張体験

板 金

説明の様子 説明の様子 加工・施工方法の体験 加工・施工方法の体験

説明の様子

加工・施工方法の体験

閉 会

ミニ棟上 ミニ棟上 左官によるN.描き体験 下村助教授の閉会の言葉

ミニ棟上

左官によるN.描き体験

下村助教授の閉会の言葉



熊倉工務店 熊倉淳様 熊倉毅一様

関係者各位
お世話になります。
本年も本校の京都研修旅行にご協力いただきまことに有難うございました。
本年度研修旅行は始めなかなか参加者が増えず心配いたしましたが、結果的には、学生22名とまずまずの参加人数で、かつ、積極的なまとまりある研修旅行となった気がしております。
天気も心配していたほど崩れることもなく、例年通りというよりも例年以上に積極的な学生の姿が見られ、また、私自身も例年以上に積極的にたのしんでしまった結果、帰りの京都駅でも学生から私が一番楽そうにしていたと注意されてしまいました。

先日、HPの 学科コラム に様子と学生の感想を掲載致しました。
ご覧になれば幸いです。

http://www.arch.cit.nihon-u.ac.jp/column/2017/04/11/001295.html



日本大学生産工学部建築工学科
助教 鎌田 貴久
助教 下村 修一
助教 山岸 輝樹


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 洗い 株式会社 サガテクノ 妹尾会長 ・ 佐近美装 佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 壁装 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 瓦 松田瓦店 松田社長 

板金 有限会社 古川板金加工所 古川社長

準備設営 西村様 長尾工業 株式会社 田村常務

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2015年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

京 都 の 建 築 の 技 法 と 、 職 方 の 技 を 学 ぶ

平成28年 3月15日(火) 〜 平成28年 3月16日(水)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:准教授 亀井 靖子 様、助教 山岸 輝樹 様、助教 鎌田 貴之 様、大学生 25名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真 地図

京都研修のロゴマーク

集合写真

地図



平成28年 3月15日 火曜日

平成28年 3月15日

 今年の京都研修は2日目から担当させていただき、少し肌寒い晴天に恵まれた日となりました。 京都市役所前の本能寺会館にお迎えに上がり、ご挨拶をさせていただきました。1〜2年生を中心に学生22名と引率の教授は、 予定通り大型バスで9:40に本能寺会館をあとに京都大学清風荘へと向かいました。


京都大学 清風荘 様

 定刻にバスは到着して、一行は正門から入場し、清風荘の庭園にて説明案内を管理人の方にしていただきました。
また、工事部長とさくあんの萩野氏に同行して頂き、各所説明等に対応して頂きました。
伝統的数奇屋建築と庭園を約80分見学し、堪能して頂きました。
次にお楽しみの昼食の場所へとバスで移動です。

京都大学楽友会館 様

 大正14年(1925年)京都大学創立25周年を記念して建設された建物で、 鉄筋コンクリート2階建ての瓦葺スパニッシュ・ミッション様式の国の登録有形文化財に指定されたところでランチタイムです。
昼食前に京都銀行東山支店 江口代理様より清水寺夜間拝観チケットをみな様にお配りして頂きましてから、 洋食のランチ(エビフライとハンバーグ)をいただきました。
過去に2回この場所を利用し、今回も温かく美味しい料理を頂きました。 約1時間の昼食・休憩の後、バスで次の見学先へと移動です。

株式会社 ツー・ナイン・ジャパン 様 九条工場 事務所(現場)

 定刻にバスは到着し、石原部長、小西主任、さくあん萩野氏に説明案内をして頂きました。 施工中の土間と床をじかに感じ、土壁の肌触りなど、普段体験できない建物内部を見る学生は真剣そのものでした。
終わりの休憩時にコーヒーと不二家のエクレアをいただき、ほっこりとしたところで、次の見学先の東華菜館へとバスで移動です。

東華菜館 様

 最後の見学先に到着し、于様の出迎えとご挨拶をしていただき、外部の入口から于様に説明をしていただきました。 また、最後までさくあんの萩野氏に同行して頂きました。
見学は玄関入口からエレベーターで屋上に行き、京都の借景から各階を懇切丁寧に仕上げ、スペック等、歴史的なところまでお話しして頂きました。
学生たちも興味津々に于様のお話を聞き、カメラのシャッターの絶えない見学先でした。
予定通り見学は終わり、現地にて解散となりました。 本日の見学会は無事終了いたしました。


京都大学 清風荘 様

園内の説明 茶室外観 茶室外観 茶室内部

園内の説明

茶室外観

茶室内部

茶室内部 庭園 庭園 本棟の説明

茶室内部

庭園

本棟の説明

内部見学 内部見学 余白 余白

内部見学


京都大学楽友会館

ランチタイム ランチタイム 余白 余白

ランチタイム


株式会社 ツー・ナイン・ジャパン 様 九条工場 事務所(現場)

石原部長の説明 1階の説明 1階の説明 さくあん 萩野氏の説明

石原部長の説明

1階の説明

左官 萩野氏の説明

2階の説明 2階の説明 さくあん 萩野氏の説明 蔵の説明

2階の説明

左官 萩野氏の説明

蔵の説明


東華菜館 様

入口 東華菜館 于様の説明 1階の説明 1階の説明

入口

東華菜館 于様の説明

1階の説明

オーチス製エレベーター 4階の説明 4階の説明 屋上の説明

オーチス製エレベーター

4階の説明

屋上の説明

内部見学 内部見学 内部見学 余白

内部見学



平成28年 3月15日 水曜日

平成28年 3月 15日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学


 3日目は朝から少し肌寒い天候の中、9:45に学生と教授方々が数台のタクシーで吉祥院作業所に到着され、 会場の来賓の方、社員、職人で出迎えしました。
定刻の10:00より開会式が始まり、初めに座長の古賀氏に始まり、熊倉社長の挨拶、 来賓の挨拶を京都銀行 今北支店長にしていただきました。次に各ブースの職人さんに内容説明をしていただきました。
座学が開始され、会場では、学生の真剣な体験学習を行う姿を見てとても好印象に思えました。
昼食は初めてケータリングのうどん屋を設営し、たくわん・木の芽煮え・塩昆布等、 バイキング形式の昼食を楽しくいただきました。
最後に閉会式と同時に、毎年恒例の日大Nのマークを左官塗で対決を学生と萩野氏にむすびのイベントとして終え、 最後に山岸助教授に一言挨拶いただき、閉会式終了しました。
最後にタクシー数台をスタッフ一同でお見送りし、この2日間の京都研修が無事終了いたしました。
みなさま、たいへんお疲れ様でした。


集合写真

集合写真



座 学

外観 座長 古賀所長 挨拶 社長 挨拶 京都銀行 東山支店長 挨拶

外観

座長 古賀所長 挨拶

社長 挨拶

京都銀行 東山支店長 挨拶

大工 渡辺棟梁 左官 萩野親方 壁装 辻さん 畳 中西さん

大工 渡辺棟梁

左官 萩野親方

壁装 辻さん

畳 中西さん

洗い 佐近さん 塗装 妹尾会長 余白 余白

洗い 佐近さん

塗装 妹尾会長

瓦の説明 瓦の説明 瓦の説明 余白

瓦の説明

畳の体験学習 ミニ畳作成 ミニ畳作成 ミニ畳作成

畳の体験学習

ミニ畳作成

ミニ畳作成 ミニ畳作成 余白 余白

ミニ畳作成

左官の体験学習 左官の体験学習 左官 下地塗 左官 下地塗

左官の体験学習

左官 下地塗

漆喰塗 漆喰塗 漆喰着色塗絵 漆喰着色塗絵

漆喰塗

漆喰着色の塗絵

漆喰着色塗絵 三和土 三和土 余白

漆喰着色の塗絵

三和土(タタキ)

洗いの説明 洗いの説明 洗いの体験 洗いの体験

洗いの説明

洗いの体験

洗いの体験・説明 余白 余白 余白

洗いの体験・説明

塗装体験学習 塗装体験学習 ミニコースター作成 ミニコースター作成

塗装体験学習

ミニコースター作成

ミニコースター作成 余白 余白 余白

ミニコースター作成

出店 うどん 鞍馬の木の芽煮え・昆布煮・おしんこ 鞍馬の木の芽煮え・昆布煮・おしんこ

出店

うどん

鞍馬の木の芽煮え・昆布煮・おしんこ

大工 鉋の使い方 大工 鉋の使い方 大工 鉋の使い方 大工 鉋の使い方

大工 鉋の使い方 体験

大工 鉋の使い方 体験・説明

鑿(ノミ)の使い方 鑿(ノミ)の使い方 鋸の使い方 鋸の使い方

鑿(ノミ)の使い方

鋸の使い方

壁装の体験学習 壁装の体験学習 和紙貼り 和紙貼り

壁装の体験学習

和紙貼り

色紙貼り説明 色紙貼り説明 色紙貼り体験 色紙貼り体験

色紙貼り説明

色紙貼り体験

日本大学Nマーク対決 日本大学Nマーク対決 日本大学Nマーク対決 日本大学Nマーク対決

日本大学Nマーク 左官塗対決!

対決結果 山岸助教授纏めの一言 余白 余白

対決結果

山岸助教授 まとめの一言



熊倉工務店 熊倉淳様 熊倉毅一様

日本大学生産工学部 建築工学科の山岸です。
この度は本学科の国内研修旅行にご協力いただき、誠にありがとうございました。
おかげさまで事故もなく、大変濃密な研修旅行を行うことができました。
座学終了後、十分にご挨拶もせずお別れしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
15日の見学会では、清風荘、町家建築の改修現場、ヴォーリズの東華菜館といった、素晴らしい建築空間をつぶさに見る機会をいただき、 また16日の座学では京都の伝統建築を支える一流の職人の技に触れる機会をいただき、大変ありがとうございました。
学生たちは今回の研修で、通常の大学の授業では得ることのできない、大きい学びを得ることができたものと思います。 私も大変勉強になりました。
京都駅で、参加学生たちが充実し満足した表情で解散していったことを申し添えさせていただきます。
このような機会を準備いただき、また数々のお心遣いをいただきました熊倉工務店の皆様、また協力会社の皆様に重ね重ね感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。



日本大学生産工学部建築工学科
助教 山岸 輝樹


この度、日本大学生産工学部建築工学科国内(京都)研修旅行にご協力いただき誠にありがとうございました。
研修初日となった14日はあいにくの雨模様でしたが、2日目、3日目と天候も回復し、雨上りの快晴の下、晴れやかな京都の見学ができました。
2日目の清風荘・東華菜館・町家の現場と過ごしやすい春の陽気となり学生も思う存分楽しんだ様子でした。
見学先も例年にもまして、建物を管理されている方々の建物に対する愛情が深く伝わってまいりました。
京都大学清風荘様、町家改修と二九社長様の考え、東華菜館 于様と皆様の建物に対する深い愛情が学生にも伝わったのではないかと思っております。
3日目の座学では、昨年に引き続き参加した学生は、自分なりの課題を持って参加し、初めて参加の学生は、 どれをしようかと右往左往していた様子が印象に残りました。
昼食時にもなかなか作業を止めることが出来ず、休みもそこそこに作業に没頭する学生姿に、学生らの興味を引き出すことの重要性を感じました。
最後に学生の名残しそうな姿も見ることが出来有意義な時間であったことを確信いたしました。本来なら、学生を見守り、導くことが本来ですが、 ついつい楽しんでしまい至らない点も多くあったかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。
最後に、例年と同じく、座学時に職人の方々のご協力に感謝しつつも足早に立ち去ってしまった無礼をお許しください。皆さまによろしくお伝えください。



日本大学生産工学部
建築工学科
准教授 亀井 靖子
助教 山岸 輝樹
助教 鎌田 貴久


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 洗い 株式会社 サガテクノ 妹尾会長 ・ 佐近美装 佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 壁装 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 瓦 松田瓦店 松田様 

準備設営 西村夫婦 長尾工業 株式会社 田村常務

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2014年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

京 都 の 建 築 の 技 法 と 、 職 方 の 技 を 学 ぶ

平成27年 3月13日(金) 〜 平成27年 3月14日(土)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:教授 小松 博 様、准教授 亀井 靖子 様、助教 蒲田 貴久 様、大学生 27名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真 地図

京都研修のロゴマーク

集合写真

地図



平成27年 3月13日 金曜日

平成27年 3月13日

 今年の京都研修も第一日目は晴天に恵まれて、小型バス2台で30名の参加、 ほぼ予定通り京都駅を出発しました。
今回、1年生と2年生が中心になり若い学生さんで例年の研修とは少し違った印象を受けました。


宝泉院 様

 京都駅を出発して約60分で宝泉院様に到着して早々に本堂に入り藤井住職によるお寺の由来の説明と茶菓子をいただきました。
日新庵の見学に際して3グループに分かれて茶室の見学をして熊倉美智子、さくあん萩野氏による説明をしていただきました。
若い学生は行儀、礼儀を教える必要性を感じました。


武田薬品工業株式会社
京都薬用植物園 様

 予定していた午後1:00を20分ほど遅れてバスが到着し大ホールにて昼食を頂き、今村園長の挨拶、説明を聞かせていただきました。
園内の見学は2グループに分かれて、説明を園長、小幡部長、萩野氏にしていいただき事務所棟、旧田辺邸、薬用植物園の順で見学案内されました。
最後に大ホールにて東華菜館の于修忠様による見学先の歴史とルーツのお話と説明をしていただき、予定通り次の見学先に出発しました。


東華菜館 様

 川端四条にバスが到着し、初めに入口の装飾の説明を于修忠様にしていただき上階から各階客室の特徴を現物を前にして熱のこもった思い入れをお話し願いました。
5階の改装が終えた場所に一粒社ヴォーリズ設計事務所 福沢様による改装の目的とポイントを説明して頂きました。
無事第一日目の見学が予定通り終了し、皆様をその場でお見送りしました。


宝泉院 様

お茶とお菓子を頂く 本堂にて藤井住職の説明 血のり天井の説明 書院にて熊倉社長の説明

お茶とお菓子を頂く

本堂にて藤井住職の説明

血のり天井の説明

書院にて熊倉社長の説明

熊倉美智子氏によるお茶室見学 さくあん 萩野社長の説明 余白 余白

熊倉美智子氏によるお茶室見学

さくあん 萩野社長の説明


武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

大ホールにて今村園長の説明 今村園長の説明 応接室の見学 薬用植物園の見学

大ホールにて今村園長の説明

今村園長の説明

応接室の見学

薬用植物園の見学

園内の旧田辺邸の見学 東華菜館 于社長による説明 余白 余白

園内の旧田辺邸の見学

東華菜館 于社長による説明


東華菜館 様

外観 玄関アプローチの説明 東華菜館 于社長による説明 東華菜館 于社長による説明

外観

玄関アプローチの説明

東華菜館 于社長による説明

ヴォーリズ設計 福永様の説明 屋上からの風景 余白 余白

ヴォーリズ設計 福永様の説明

屋上からの風景



平成27年 3月14日 土曜日

平成27年 3月 14日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学



 2日目は朝からあいにくの雨で少し寒さを感じました。
テント張りの設置された場所で10:00開会式が開始されました。
社長の挨拶に始まり、古賀所長の座長の座学の説明、京都銀行小嶋東山支店長の来賓の挨拶を頂き、鎌田助教授の挨拶並びに職人さんのブース内容説明をしていただき、集合写真を全員で撮り、座学をスタートしました。
今年の学生は1年、2年生と若い人々なので体験学習は初めての様で、1日目とは打って変わって興味と熱意を感じました。
今回の大工のブースは渡邉棟梁とお手伝いの方が来られて学生の皆さんと楽しそうにノコギリ、ノミ、カンナの扱い方を教わっておられました。
手づくりのお土産コーナーは昨年同様にタタミとコースターが好評でした。
昼食は学生と職人、先生方とアットランダムに弁当と炊き出しで楽しくいただきました。
最後に恒例の学生代表と萩野氏によるN.のコテさばきのイベントで閉会をむかへ、小松教授による挨拶で15:30座学を閉会し、みなさんをお送りいたしました。
協力いただいた方々にお礼申し上げ、本当にお疲れ様でした。



座 学

古賀座長挨拶 熊倉社長挨拶 鎌田助教授挨拶 京都銀行東山支店 小嶋支店長挨拶

古賀座長挨拶

熊倉社長挨拶

鎌田助教授挨拶

京都銀行東山支店 小嶋支店長挨拶

毅一君挨拶 妹尾会長による説明 塗装体験 コースター作成 洗い体験 佐近社長

毅一君挨拶

妹尾会長による説明

塗装体験 コースター作成

洗い体験 佐近社長

ミニ畳作製体験 ミニ畳作製体験 大工 仕口説明 鉋体験 渡邉棟梁

ミニ畳作製体験 中西社長

大工 仕口説明

鉋体験 渡邉棟梁

鋸体験 鑿体験 仕口 合せ 昼食風景

鋸体験

鑿体験

仕口 合せ

昼食風景

昼食風景 壁装説明 辻様 壁装作製体験 瓦説明 松田社長

昼食風景

壁装説明 辻様

壁装作製体験

瓦説明 松田社長

瓦説明 松田社長 左官 竹小舞体験 萩野社長 竹小舞 土壁体験 左官体験

瓦説明 松田社長

左官説明 萩野社長

竹小舞 土壁体験

左官体験

左官体験 三和土(たたき)体験 日大ロゴマーク 日大ロゴマーク 親方と学生

左官体験

三和土(たたき)体験

日大ロゴマーク

日大ロゴマーク 親方と学生

京都銀行 江口支店長代理 挨拶 小松教授による総評 余白 余白

京都銀行 江口支店長代理 挨拶

小松教授による総評



先日は当学科の京都研修旅行におきまして、大変にお世話になりどうもありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。
1日目の宝泉院、武田薬品工業京都薬用植物園、東華菜館では貴社の建物に対するこだわりを目の当たりにすることが出来、2日目の吉祥院倉庫での座学では、多くのスタッフと職人の皆様による体験学習により、伝統技法の奥深さを経験でき、参加学生にとって今後の勉強に繋がって行ってくれることと思っております。
京都での至れり尽くせりのおもてなしに感謝いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。



日本大学 生産工学部 建築工学科
主任 小松 博


この度、日本大学生産工学部建築工学科国内(京都)研修旅行にご協力いただき誠にありがとうございました。
研修初日は比較的暖かく、過ごしやすい中での見学で、宝泉院、武田薬品今村園長、東華菜館于様と皆様の建物に対する深い愛情が学生にも伝わったのではないかと思っています。昨年に続き2回目の参加であった学生が2名(二日目より+1名)おりましたが、昨年の一度見ただけで十分でなく、同じところを2度3度とみることで新たな発見があることを感じ取ってもらえたようでした。
さらに2日目の座学は当初小雨でしたが、御社の皆様により屋根まで取り付けいただき、本当に御社をはじめとする皆様のご協力に感謝しております。昼食時に職人の皆様と学生の交流も昨年よりははかれていたのかなと思います。
最後に私も2年続けてでしたが、昨年以上に楽しませていただきました。
引率の立場としては、学生を見守り、導くことが本来のですが、ついつい楽しんでしまい至らない点も多くあったかと思います。
特に本年度は1,2年生のみの参加であったため、まだまだ知識も浅くもう少し事前に指導をしておけば、との思いもあります。
次年度も木質構造という授業を担当するものとして、伝統工法から近代建築まで、体験としての刻み、壁塗り、瓦、畳と今回の様子を写真とともに伝えさせていただきたく思います。
ご迷惑かとは思いますが、本研修旅行を今後ともよろしくお願いいたします。
また、座学時に職人の方々のご協力に感謝しつつも足早に立ち去ってしまった無礼をお許しください。皆さまによろしくお伝えください。



日本大学 生産工学部 建築工学科
助教 鎌田 貴久


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 塗装 株式会社 サガテクノ 妹尾会長 ・ 洗い 佐近美装 佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 壁装 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 瓦 松田瓦店 松田様 

炊き出し 西村夫婦 長尾工業 株式会社 田村常務

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2013年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

京 都 の 建 築 の 技 法 と 、 職 方 の 技 を 学 ぶ

平成26年 3月14日(金) 〜 平成26年 3月15日(土)



日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:助教 蒲田 貴久 様、助教 下村 修一 様、 (教授 浅野 平八 様、教授、湯浅  昇 様) 院生・大学生 30名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真 地図

京都研修のロゴマーク

集合写真

地図



平成26年 3月14日 金曜日

平成26年 3月14日

 今年度の研修は、天候にもめぐまれて、小型バス2台で予定通りAM10:00京都駅を出発しました。
参加者が30名と多くの人数となり、大原の駐車場から移動に際して、予定より20分程遅れて宝泉院に到着しました。


宝泉院 様

 はじめに本堂にて藤井住職のお寺の説明をしていただきながら、お茶とお菓子をいただきました。
その後、書院、日新庵の茶室を3グループにわかれて工事担当の森係長、さくあんの萩野氏に施工説明していただきました。


武田薬品工業株式会社
京都薬用植物園 様

 予定より約40分の到着の遅れがあり、早速大ホールにて昼食をとらせて頂きました。
PM1:30より、今村園長の挨拶と仕上に関する講義が始まり、順次事務所棟、展示棟の見学説明を、今村園長、萩野氏により行われました。少々足早になりましたが、PM2:50見学を終了しました。


三縁寺 様

 北から南への移動も比較的にスムーズに出来て、PM4:00より見学をはじめました。
本堂入口にて、小幡部長の挨拶と説明をしていただき、宮大工 棟梁 宮田氏の紹介とお寺の特徴、仕上について3グループに分かれ、萩野氏が外壁の説明、小幡部長、宮田氏に内部仕上について説明していただきました。
約1時間の見学を無事終わり現場にて、バスを見送り無事1日目を終了いたしました。


宝泉院 様

正面入口 本堂にて藤井住職の説明 お茶とお菓子を頂く 血のり天井の説明

正面入口

本堂にて藤井住職の説明

お茶とお菓子を頂く

血のり天井の説明

外観 外観 当社森係長による書院と茶室の説明 血のり天井の説明

外観

外観

当社森係長による書院と茶室の説明

茶室の説明


武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

大ホールにて今村園長の説明 今村園長の説明 園内の旧田辺邸の見学 萩野親方の説明

大ホールにて今村園長の説明

今村園長の説明

園内の旧田辺邸の見学

萩野親方の説明


三縁寺 様

外観 当社小幡部長による説明 宮大工の宮田氏による説明 建物内の見学

外観

当社小幡部長による説明

宮大工の宮田氏による説明

建物内の見学

外部土壁の見学 外部土壁の見学 余白 余白

外部土壁の見学



平成26年 3月15日 土曜日

平成26年 3月 15日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学



 この日も春らしい天候の中、AM10:00に座学はオープニングを迎えました。
会に先立ち、社長の挨拶、古賀座長による実演体験の意義の説明、来賓に京都銀行 小嶋支東山店長の挨拶、そして日本大学生産工学部 湯浅教授の学生への受講する対応等の説明があり、座学に参加された職人さんの紹介と説明がありました。
昼食時には職人さんと、学生、教授がアットランダムに着席していただき、炊き出しの豚汁と弁当をみんなで楽しくいただきました。
左官、漆喰のコテ使い、ミニ畳の作成、古材の洗い、ノミ・ノコギリ・カンナの体験、ペンキはコースター作成と自分で作り、楽しみ持ち帰る体験をしていただきました。
最後に蒲田助教授のお礼の挨拶と、浅野教授の総評をいただき、座学は終了し、PM4:00学生・教授方々をお見送りしました。
ご協力いただいた方々、本当におつかれさまでした。



座 学

熊倉社長挨拶 古賀座長挨拶 京都銀行東山支店 小嶋支店長挨拶 湯浅教授挨拶

熊倉社長挨拶

古賀座長挨拶

京都銀行東山支店 小嶋支店長挨拶

湯浅教授挨拶

ノコギリ体験 カンナの体験 漆喰塗体験 三和土(たたき)体験

ノコギリ体験

カンナの体験

漆喰塗体験

三和土(たたき)体験

ミニ畳作製体験 ミニ畳作製体験 洗いの説明 洗いの説明

ミニ畳作製体験

洗いの説明

塗装の説明 コースター作製体験 コースター完成 壁装の説明

塗装の説明

コースター作製体験

コースター完成

壁装の説明

紙貼り体験 日大ロゴ 学生と親方 小畳作製体験 閉会

紙貼り体験

日大ロゴ 学生と親方

閉会



熊倉工務店のみなさま
 この度は、お忙しい中本校の国内研修旅行にご尽力いただきありがとうございました。
9月から約半年間の中、ご迷惑ばかりおかけし、また、頼ってばかりで大変申し訳ございませんでした。

私を含め多くの学生が今回の研修旅行に参加して良かったと感じているものと思います。
特に2日目座学時の顔は、学内の授業中ではみられない、大変晴れやかで、学ぶことを楽しんでいることが感じられました。
学生が積極的に質問している姿を見て、「見て、感じて、体験する」ことの奥深さを改めて感じました。
一流の職人の方々の、日本に伝わる技の一部を体感し、さらに建築が好きになってくれたのではないかと思っております。

学生達は、座学終了後も清水など花灯籠を楽しみ、3日目の自由時間では、京町家の町並みなどを楽しんだ様子です。
座学後にみる京都は今までと違った見え方がしたのではないでしょうか。

最後に、
ご協力いただきました御社のみなさま、協力会社のみなさまにも、
御厚情頂きましたことを衷心より感謝いたします。

日本大学 生産工学部 建築工学科
助教 鎌田 貴久


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 洗い 株式会社 サガテクノ 妹尾会長 ・ 佐近美装 佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 表具 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 炊き出し 長尾工業 株式会社 田村常務

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2012年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

京 都 の 建 築 の 技 法 と 、 職 方 の 技 を 学 ぶ

平成25年 3月12日(火) 〜 平成25年 3月13日(水)


日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:教授 湯浅  昇 様、助教 下村 修一 様、院生・大学生 7名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

京都研修のロゴマーク 集合写真

京都研修のロゴマーク

集合写真



平成25年 3月12日 火曜日

平成25年 3月12日

武田薬品工業株式会社
京都薬用植物園 様

 今村園長様をはじめ社員のみな様に迎えられ、今回は小ホールで園長のごあいさつから会社の組織、社会への貢献度、植物園の位置づけと立地と名所、名物について今回もラーメン店のお話はあり学生は反応しました。
建物の仕上については、詳しく説明をされ、後園内の建物案内と植物の説明を尾崎様と含めて時間いっぱいしていただきました。残り20分程度で少し大きめの弁当を持参しいただきました。
今村園長様、尾崎様、お世話になりありがとうございました。


大徳寺 孤篷庵 様

 天候にも恵まれて、予定より早く到着し、玄関で待つこと数分の沈黙と静けさを感じ、小堀新住職様のお出迎えにより全員白いソックスをはき、本堂へ入場し住職様の歴史も含めた説明を聞き入り、学生達の正座した目線での無と静の世界を体験していただきました。


宝泉院 様

 門前に集合し現場まで山道を案内し、日新庵の竣工した書院を藤井住職様の案内で内部を拝見する。他、施工中の茶室へと移動し、当社監督 森係長より資料による説明と現場内部の案内をする。小さくせまい空間で学生達は目にする物が鮮明に映った事と思います。
後、本堂にもどり抹茶とお寺特製のお菓子をいただきながら、藤井住職様の法話と寺の歴史等詳しく聞き入る。街中では感じる事が出来ないオゾンと、きれいな空気と香をあじわいました。
バスプールまでお送りし、1日目の研修は無事終わりました。



武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

正面入口 今村園長様による説明 今村園長様による建物及び展示物説明 尾崎様による薬用植物園案内

正面入口

今村園長様による建物及び展示物説明

尾崎様による薬用植物園案内


大徳寺 孤篷庵 様

孤篷庵様門 小堀 亮敬住職様による説明 和室を見入る教授学生 忘筌の間

小堀 亮敬住職様による説明

和室を見入る教授学生

忘筌の間


宝泉院 様

宝泉院様入口門 藤井 宏全住職様による書院棟の説明 当社森係長による工事の説明 藤井 宏全住職様による説明

宝泉院様入口

藤井 宏全住職様による書院棟の説明

当社森係長による工事の説明

藤井 宏全住職様による説明



平成25年 3月13日 水曜日

平成25年 3月 13日

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学


 前日とうって変わって、午後から雨の予報となり、仮設テントで大屋根を設定しました。第3回目となる座学に時間を長くとるようにし、午前中の善哉の振る舞いと、昼食には弁当と炊き出しの豚汁で職人さんと学生の交流をはかりました。
午後からは、実演を各ブースで行い熱のこもった説明と質問が飛びかう作業場でした。
最後に左官の親方と学生の漆喰の日大マークのパフォーマンスで、まさかの学生の仕上が素晴らしいものとなりました。
湯浅教授が総評のごあいさつでお礼とおほめのことばをいただき、午後3時に閉会となりました。
その後、まっていたかの様に雨が降り出し、なんとか無事座学を終える事ができました。みな様おつかれさまでした。



座 学

座学看板 熊倉毅一作 吉祥院倉庫入口看板 熊倉毅一作 座学会場 熊倉社長挨拶

座学看板 熊倉毅一作

吉祥院倉庫入口看板 熊倉毅一作

座学会場

熊倉社長挨拶

古賀座長挨拶 当社 熊倉 毅一によるブース説明 協賛 京都銀行 東山支店 西原支店長代理挨拶 大工 説明 渡辺棟梁

古賀座長挨拶

当社 熊倉 毅一によるブース説明

京都銀行 東山支店 西原支店長代理挨拶

大工 説明 渡辺棟梁

大工 説明 渡辺棟梁 カンナ体験 左官 説明 萩野親方 三和土体験

大工 説明 渡辺棟梁

カンナ体験

左官 説明 萩野親方

三和土(たたき)体験

壁塗体験 洗い 説明 佐近さん 洗い 実演 塗装 説明 妹尾さん

壁塗体験

洗い 説明 佐近さん

洗い 実演

塗装 説明 妹尾さん

畳 説明 中西さん 畳 説明 中西さん 小畳作製体験 表具 紙貼り体験:講師 瀬古口さん、辻さん

畳 説明 中西さん

小畳作製体験

表具 紙貼り体験:講師 瀬古口さん、辻さん

紙貼り体験 紙貼り体験 炊き出し準備 炊き出し準備

紙貼り体験

炊き出し準備

善哉の準備 中休憩 善哉を食す 昼食中 日大ロゴマークの学生と親方のバトル

善哉の準備

中休憩 善哉を食す

昼食中

日大ロゴマークの学生と親方のバトル

左官にて日大マーク 湯浅教授による総評 余白 余白

左官にて日大マーク

湯浅教授による総評


熊倉工務店 様
 先日はお忙しい中、京都研修にお力添えいただき有り難うございました。
 普段はみることのできない場所にある美しい風景や職人の皆様から直接ご指導をいただいたことで身をもって体験し、改めて京都を好きになりました。とりわけ2日目の吉祥院倉庫での体験学習では時間が足りないくらいの濃密な内容で有意義に過ごすことができました。今回初めて目にする材料や作業の様子を知ったことで、今後の建築に対する思いも新たに取り組んでいきます。
 もし機会がありましたら、今回質問しきれなかったことを次年度させていただきます。職人の皆様にお会いできることを楽しみにしております。
 この度は本当に有り難うございました。

日本大学生産工学部建築工学科2年


● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 洗い 株式会社 サガテクノ 妹尾会長、佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 表具 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様 ・ 炊き出し 長尾工業 株式会社 田村常務

協賛 京都銀行 東山支店

大変お世話に成りました。

▲ TOP


 ● 2011年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会


Concept

おこしやす ようこそ京都へ  京都の伝統文化と庭園建築の技法、職方の技を学ぶ。

平成24年 3月 9日(金) 〜 平成24年 3月10日(土)


日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:教授 浅野 平八 様、准教授 篠崎 健一 様、院生・大学生 27名



日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会

バス内の様子 京都研修のロゴマーク 集合写真

バス内の様子

京都研修のロゴマーク

集合写真



平成24年 3月 9日 金曜日

平成24年 3月 9日

武田薬品工業株式会社
京都薬用植物園 様

 今村園長様より、大会ホールで京都薬用植物園園内の様子と仕上の特徴そして、
府下から来られる方の場所及び近隣の名所・名物の説明を受けました。(ラーメン
店のお話しは学生は無反応?)館内の見学説明の後、大ホールで持参したおばん
ざい弁当をいただきました。今村園長様、大変お世話に成りました。


大徳寺 孤篷庵 様

 小雨のふりしきる中、静まり返ったほのかに初春の木々の香る忘筌の間で全員が
庭園を見入る中、小堀副住職様の説明を聞き入る学生達、ひとときの無の世界を
堪能しました。


京都大学名勝清風荘庭園 様

 石原部長の庭園の歴史内容の説明の後、建物の見学、茶室の左官職人の作業
を見学、学生からの質問に対して、さくあんの親方の説明に学生達は聞き入ってい
ました。


武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 様

今村園長様による説明 今村園長様による事務・研修棟の説明 熊倉社長による展示棟の説明 昼食とDVD観賞

今村園長様による武田薬品工業並びに、事務・研修棟の説明

熊倉社長による展示棟の説明

昼食とDVD観賞


大徳寺 孤篷庵 様

孤篷庵門 忘筌の間 忘筌の間 忘筌の間

忘筌の間


京都大学名勝清風荘庭園 様

説明を聞き入る皆様 研修の様子 土橋にて 三和土(たたき)の説明

説明を聞き入る皆様

研修の様子

土橋にて

三和土(たたき)の説明



平成24年 3月10日 土曜日

平成24年 3月 10日

宝泉院 様

 大原の山々の前日とはうって変わって晴天の中、まだ冬の寒さの残る庫裡の中
で正座しお抹茶とお菓子をいただき、藤井住職様の寺の歴史、庭園の説明を聞き
ました。その後施工現場の書院を森係長の説明で材料仕上を資料を基に移築再
生の勉強をしていただきました。


京都大学楽友会館 昼食

 大正15年のコンクリート造のリフレッシュ工事をおえた建物の中で、洋食のラン
チをいただきました。見学会の中で一番あたたかくおいしかったです。
detailを写真に収めるべく熱心に撮影されていました。


株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座 学

 第2回となる座学、準備には順睦会の会員様により各ブースの設営と、茶室の
仮組の見学案内、左官の実演と表具の和紙貼りの実演等々、貴重な体験をして
いただきました。最後に左官さくあん親方、学生の漆喰の日本大学シンボルマー
クのパフォーマンスは絶賛を得て閉会となりました。皆様おつかれ様でした。

見学会の名札は記念に持って帰っていただきました。

宝泉院 様

お茶を頂く 藤井宏全住職より説明を受ける 書院工事現場 書院移築説明

お茶を頂く

藤井宏全住職より説明を受ける

書院工事現場

森係長による書院移築説明


京都大学 楽友会館 昼食

昼食の様子 昼食の様子 空白 空白

昼食の様子


座 学

社長挨拶 古賀座長挨拶 塗装体験 洗い

熊倉社長挨拶

古賀座長挨拶

塗装体験 : 講師 妹尾さん

洗い説明 : 講師 佐近さん

左官体験 ニガリは苦い 三和土(たたき)体験 畳説明

左官体験 : 講師 萩野親方

ニガリは苦い

三和土(たたき)体験

畳 実演  説明 : 中西親子

表具体験 表具体験 仕口説明 仮組説明

表具 紙貼り体験 : 講師 瀬古口さん、辻さん

仕口説明 : 講師 渡辺棟梁

仮組説明 : 講師 小幡部長

仕事中 萩野社長筆 浅野教授による総括 空白

大工さん仕事中

萩野親方筆

浅野教授による総評




熊倉 淳 様
    奥 様

 この度は大変にお世話になりました。ありがとうございました。
ほぼ半年前からの準備、そして研修日のご案内まで、至れり尽くせりのご配慮にただ恐縮いたしております。
学生達もことの特別さにようやく気がついて、満足感で一杯の様子でした。

私の描いたストーリーは、歴史の重みと奥深さとともに、島津製作所や町組小学校のようなその時代の先端を取り入れる気風が京都にあることを知って、建築分野でそれを継承している熊倉さんの仕事を目の当たりにするというものでしたが、それが完璧に実行できたことで、感謝の気持で一杯です。

古賀座長も挨拶で強調されていた、自然素材の日本建築を体験できたことも学生達に取っては大きな財産になるものだと思います。学生達は最終日の自由見学もこちらが推薦した場所を織り交ぜながら、深夜バスの出発時間まで京都を探索したようです。参加者には京都検定を受けさせてみたいものです。

また協力していただいた御社各位と協力業者の職人の皆様にも、ご厚情を頂きましたことありがたく感謝申し上げます。

取り急ぎ御礼まで。三寒四温の日々、ご自愛のほど。

2012年 3月12日
浅野 平八


熊倉工務店
熊倉 淳様

 昨晩無事に東京に帰って参りました。学生たちはおそらく、今朝それぞれに帰宅してることと思います。
このたびの研修旅行については、すべてに、大変にお骨折りをいただき、ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

学生たちにとっては、普段そういう気持ちがあってもなかなか難しい、本当のもの、生きてるものに触れ、知り、考える、おそらく初めての機会となったと思います。我々にとりましても、教育のありかたを考え、また建築することそのものを、改めて考えるよい機会となりました。学生と一緒に、同じものを見て感じることができたのは、大変に有り難い機会だったと思います。

熊倉さんと奥様をはじめとして、毅一君、工務店の方々と職人の皆様には、気持ちよく私たちを迎えていただいたことを嬉しく思います。学生たちもそれを感じながら、多くのものを心と身体に焼き付けられたのではないかと思います。

また土曜日の夜は、美味しい食事を頂戴しまた楽しいひと時を過ごさせていただきました。京都の伝統や文化をそこここに感じました。掛け合いの言葉を聞いていて、楽しくなりました。

このような、学習と交流の機会を継続して発展させていけますよう、私たちもまた力を尽くしたいと思っております。今後ともどうぞよろしくご協力をいただきたく、お願い申し上げる次第です。

本当にありがとうございました。

またお目にかかれるのを楽しみにしております。

篠崎健一


浅野平八様
篠崎健一様

  この度は、京都の研修旅行引率おつかれ様でした。

私もこの研修を先生方より御依頼を受けて大変楽しみにし、施主、武田薬品様をはじめ各所の方々が喜んで見学の提供をいただき、社員も資料の作成と講義に対しての事前の勉強、そして職人の方々は準備の内容を数回にわたり打合せ会をし、特に資材の社員は裏方として学生さんにより良く学んでもらえる様に設営準備をしていただきました。この研修が無事終わった事をうれしく思います。

この様な浅野平八様、篠崎健一様よりお礼のおことばを頂戴した事に感謝申し上げます。

毅一も次回より企画御案内に参加いたしますので、何とぞ御指導の程よろしくお願い申し上げます。

研修会の御依頼と上京されます事を、心より楽しみにお待ち申しあげます。

平成24年3月13日
熊倉 淳


● 築 2012.03 Vol.35 より

■建築工学科国内研修旅行

准教授 篠崎 健一

 京都に、おこしやすぅ

3月9日から11日まで、本年度の建築工学科京都研修旅行を行います。学部2学生から大学院まで30名の学生の参加を得て、旅行の実現に尽力された浅野平八教授と、私、篠崎健一が引率します。

 建築工学科主催の国内研修旅行は、本年度より、日本大学校友会京都支部の協力を得て、目的地を京都に定め、毎年一回、定期的に行うこととなりました。このような協力体制を得られたことで、普通は見学できない建築や庭園を訪れたり、歴史ある地元工務店の伝統技術の発揮された建築の現場を見学し、職人の仕事に直に触れることが可能となりました。単なる見学旅行ではなく、我が国の文化の基礎にある伝統ある建築、美術や工芸と、建築生産の現場への理解を高め、建築を総合的に学ぶよい機会となりましょう。

 学生のみなさんには、迎えてくださる社寺や施設、工務店の方々、また当日の案内や実演をしてくださる方々への感謝の気持ちを大切に、真摯に、そして大いなる探究心をもってこの研修旅行に参加されることを望みます。このため事前に3回の勉強会を行いました。講義とともに、学生自ら旅行のしおりを作成し、対象への興味を堀さげることから、既にこの旅行が始まっているとも言えます。かつて第一回の建築工学科研修旅行に際して、当時の主任であられた小島重次先生が語られた、研修旅行の意義に立返り、真の勉学の機会として位置づけることから、この度の研修旅行を再構築することとなりました。

 本年度の研修旅行は、このような経緯により、次の如く有意義なプログラムとなりました。主な見学先は、伝統木造建築として、大徳寺聚光院、孤篷庵、宝泉院を近代和風と庭園として、京都大学清風荘および庭園(旧西園寺公望邸、庭園は小川治平作)を、京都の近代建築として、京都大学楽友会館(森田慶一設計)、武田薬品迎賓館(野口孫一設計の田辺邸(神戸洋館)の移築)および薬草園を、伝統的な建築の現場として、熊倉工務店吉祥院作業現場にて茶室仮組みの見学と伝統技術の見学および体験(大工、左官、小舞、畳、洗いなど)を、資料館などとして、ひと・まち交流館、島津製作所創業記念館、京都芸術センターを、町並みとして、花灯路、東山界隈寺社や路地のライトアップなどです。



● 座学でご指導頂いた皆様

座長 株式会社 KOGA建築設計室 古賀所長 ・ 洗い 株式会社 サガテクノ 妹尾会長、佐近様 ・ 左官 有限会社 さくあん 萩野社長

畳 中西畳商 中西会長、中西社長 ・ 大工 有限会社 渡文工務 渡辺棟梁 ・ 表具 株式会社 せこぐち 瀬古口社長、辻様

大変お世話に成りました。


▲ TOP


 ● 2008年度 日本大学 生産工学部 建築工学科 施工見学会



Concept

古都京都を訪ね伝統文化および技術、職人の技を学ぶ

平成21年 3月 9日(月) 〜 平成21年 3月10日(火)


11月末、縁あって生産工学部 建築工学科より、当社ご指定により京都旅行のお話があり、僭越ながらこの大役を仰せつかる事になりました。
京都の伝統と四季折々の、季節感あふれる庭園ないし建築の見学と、作業場並びに現場にて座学という職人と一体になる、体験学習を実施いたしました。 ここに二日間の内容をお伝えいたします。


日本大学 生産工学部 建築工学科 京都研修旅行

参加者:教授 浅野 平八 様、准教授 湯浅  昇 様、院生・大学生 18名



平成21年 3月 9日 月曜日

平成21年 3月 9日



京都大学名勝清風荘庭園

見  学
檜皮葺等研修視察

■敷地   12,535u
■建物 延  1,453u
■庭園 延 10,884u

京大会館 昼食

柊家旅館 様

柊家株式会社 西村 勝 社長より歴史等のご説明を頂き
客室を見学

株式会社 熊倉工務店
吉祥院作業所

座  学
実演及び体験学習

大工さん  :渡辺 照夫 棟梁さん
        仕口見本の提示、
        カンナ掛け体験学習

左官屋さん:萩野 哲也さん
        各材料の説明、
        土壁塗り体験学習

畳屋さん  :中西 良和さん
        実演及び説明

洗い屋さん:田中さん
        実演及び説明、
        洗い工体験学習

座 学

社長挨拶 大工 左官 畳

社長挨拶

カンナ掛け体験

左官土壁塗の体験

畳の実演

洗い 集合写真 余白 余白

洗い屋さんの実演

当社会長も参加し全員で記念撮影



平成21年 3月10日 火曜日


平成21年 3月10日

大徳寺 聚光院 様

住職 小野澤 虎洞 様よりご挨拶を頂く
本堂、茶室及び庫裏を見学
瓦屋さん  :竹村 優夫さん
        瓦について説明


大徳寺 孤蓬庵 様

住職 小堀 卓巌 様より庭園をご説明頂く
本堂及び庭園を見学


いずせん 昼食


武田薬品工業 株式会社
京都薬用植物園 様

座  学
資料を提示し
当社工事部長小幡 真次により曳家作業の説明

旧田辺邸 の見学

尾崎 和男 様のご案内により
薬用植物園の見学


曼殊院 様 見学

武田薬品工業 京都薬用植物園 様

事務棟 見学風景 見学風景 曳き家説明

館内 アプローチ

説明を熱心に聞き入る

小幡工事部長による説明

薬用植物説明 旧田辺邸 余白 余白

尾崎和男様による説明

旧田辺邸




平成21年3月某日 我々にとってうれしいお言葉を頂戴いたしました。

熊倉 淳 様

 この度の私共の研修旅行に、甚大なるご協力をいただきありがとうございました。御礼申し上げます。

 皆様方の熱いおもてなしに、一同感じ入っております。10日の夜2時間ばかり感想を述べ合うミーティングをしました。その学生たちの言葉のはしはしで職人さん、大工さんと「さん」付け話していることからも、彼らの職人さんに対する尊敬の念が伝わってきました。また武田薬品曳家現場で、コンピューターに任せるのではなく人の目で個別にたしかめながらやりたい、人が造ったものを人が曳く、とおっしゃる熊倉さんのお言葉は特に印象深かったようです。

 参加した学生達もかつての私がそうであったように、建築専門を歩く道しるべとなるような、忘れがたい印象を得たものと思います。またこの学生の中から木造建築を目指す人が出てくることを期待するものです。

 このような機会を準備いただきましたこと、また数々のお心遣いをいただき、重ね重ね感謝申し上げます。



熊倉さん

今回は、事前のきめ細かい準備から当日のご配慮本当にありがとうございました。
すっかりお任せっ放しで恐縮しておりますが、学生だけでなく私たちも含めて大変勉強になり、大いに刺激を受けました。

これを機会に校友が京都地域と活発な交流が生まれればとも思う次第です。

今回は本当にありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。)


▲ TOP

© 2014 KUMAKURA KOUMUTEN CO.,LTD.